landscape ランドスケープ

丁重に迎え、厳かに誘う。豊饒な日常の美しい予感

環境の整備改善に資する計画に対し、容積率や高さ制限などを緩和する制度が総合設計制度です。
公園空地となるアプローチガーデンを設けることにより、この制度を適用。
環境や街並づくりに貢献しながら、ゆとりと安らぎに満ちた住まいが実現されています。

約60%の高い空地率を活かした、潤いの植栽計画

ゆとりあるオープンスペースが特徴の「レーベン川口リアージュ」は、そのランドプランを彩る植栽にもこだわって作られています。邸の第一印象となる敷地南側には、春の訪れを美しく告げるヤマザクラのシンボルツリーがあります。アプローチガーデンでは、ケヤキが配され、モダンな都市庭園の表情で人々をエントランスへと誘っています。50本を超える中・高木と四季を彩る花々によって、駅徒歩7分の都市生活が豊かな潤いと癒しで包み込まれています。

GREEN URBANISM

訪れる人々がまるで安全な森の中で、遊び、寛げるような空間。そこで休息して見上げれば、洗練された都市の我が家。「みどり」が「ひと」と「まち」と響き合う、そんなオープンスペースの在り方が、「レーベン川口リアージュ」の目指したグリーン・アーバニズムです。街にも、住まう方々にも、美しい景観資産が実現されています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。